1日3食しっかり食べて血圧を下げる!美味しい食事で健康維持

食事

病食は簡単に買える

老人

血圧を下げることができる食事は市販品としてお弁当が沢山販売されており、価格がリーズナブルなものも多くなっているため利用しやすくなっています。一昔前に比べると味も格段に良くなっているので、長く健康的な食事を続けることが可能です。

詳細へ

飲食の内容を注意します

介護

健康な体になります

1日3食の食事を工夫することで、血圧を下げることができます。そのメリットは計り知れません。体を病気から守り、健康な毎日を送ることができるようになるからです。まず、1日に3食以上食べている場合は、食事の回数を減らします。何度も食べ物を口に入れてしまうことで、1回の食事における食塩の量が増えてしまうからです。例えば、1日に3食の人が定食を、3食以上の人が軽食を食べるとします。定食の場合、おかずの塩気で、ご飯や千切りキャベツなどの野菜が進みます。ところが軽食の場合は、フライドポテトや唐揚げ、肉まんなど、どれも食塩の多いものばかりです。そのうえ、少しの量ではお腹がいっぱいにならないため、多く食べるようになります。結果として、1日に3食程度の食事を摂るほうが、食塩の摂取量が少なくなります。

病気の原因になります

血圧は、外気が冷たいとき、老化、肥満、食塩を多く摂ったときなどに上昇しやすくなります。一時的なものは問題ありませんが、長い期間続いた場合は、注意が必要です。このように、血圧が高い状態が続く場合を高血圧症といいます。高血圧症の特徴は、さまざまな病気の原因になるということです。例えば、動脈硬化や動脈瘤などが挙げられます。また、腎臓にダメージを与えて、人工透析が必要な状態になることもあります。そうならないためにも、血圧を下げることが必要です。そのためには、血圧を下げるような食事を摂るように、改めるようにします。原則として、お酒は禁止です。お酒を飲んでいるときは血圧を下げる効果がありますが、翌日に血圧が上昇してしまうからです。仕事上の付き合いなどで、飲む機会が多い人も、健康上の理由で飲めないことを伝えて断るようにします。

こちらもおすすめ

和食がおすすめです

和食

血圧を下げる食事として、和食がおすすめです。和食はさまざまな食材をつかって料理するため、バランスのとれた食事だからです。ただし、食塩の量は多くなりがちです。そして、食べるときにも、食べ過ぎていないか、ゆっくり食事をしているか、確認するようにします。

詳細へ

薬に頼らず生活を改善

病食

血液が血管壁に与える圧力のことを血圧といいます。血圧を下げるには、塩分を控えた食事にすることが重要です。味の濃いものは避け、だしなどをきかせて薄味のものを食べるようにしましょう。全体的な摂取カロリーを抑え、バランスの良い食事を心がけて下さい。

詳細へ